毛ガニの美味しい食べ方に関する情報や、毛がにの旨みを最大限引き出し味わうための情報をご紹介します。




スポンサードリンク


毛ガニの美味しい食べ方=北海道の地元情報

毛ガニは、北海道の地元の観光地に行けば、旬の時期にあまり関係なく売られていますのでいつでも買うことができます。

 

北海道の観光地で売られている毛がにのほとんどはボイルして冷凍された茹蟹ですが、最近は冷凍技術が発達しているためか、季節外れでもわりと美味しい毛がにを買うことができます。

 

毛ガニも旬の時期なら、活きのいい蟹がたくさん手に入りますので、旬の食べ方としては、そのまま生食で刺身にしたり、家でボイルして、茹でたての毛がにを味わうこともできます。

 

毛ガニは、サラダ・チャーハン・かに鍋・フライ・網焼き・しゃぶしゃぶなど、食べ方のバリエーションも豊富で、様々な料理にも利用されますが、何と言ってもボイルした毛がにを黙々とむきながら食べるのが最も美味しいと言われていますね。

 

かにを刺身で生食にしたり、手でむきながら食べるというスタイルは日本人の独特な食べ方と言われていますが、毛がにの独特の美味しさを味わうなら、余計な調理や味付けをしないで食べるのがむしろおすすめといえます。

 

また、毛ガニをボイルする際の美味しいゆで方のコツとしては、茹で時間と塩加減の2点だそうです。

 

北海道で生食用の毛蟹を買ってきて自宅でボイルする場合は、ゆで方に気をつけて美味しく食べましょう。

 

ゆで方の詳しい説明は、北海道の地元の口コミサイトなどでも紹介されていますので参考にしてください。

 

そして、さらに口コミ情報では、毛ガニをさらに2度美味しく味わう方法が紹介されていました。

 

蟹汁の作り方ですが、レシピも簡単で想像以上に美味しいのでぜひ挑戦してみてください。

 

まず、食べ終わって残った蟹の殻を鍋に入れてぐつぐつ煮込みます。

 

もしも、シャトルシェフなどの保温鍋があれば、煮立てた状態で一晩保温してください。
送料無料  シャトルシェフ KBC-3000 3.0L 3〜5人用

 

一晩置けば、蟹の美味しいだし汁になっていますので、殻を取り出して、味噌を溶いたらそのままネギや岩のりなどをぱらぱらとまいて完成です。

 

毛ガニを食べた翌朝のこの一杯の蟹ダシのみそ汁は本当に最高の美味しさです。

 

北海道の毛ガニの旨みを最後まで余すことなく味わってください。

スポンサードリンク








毛ガニの美味しい食べ方=北海道の地元情報関連ページ

竹崎かに日帰りツアー
竹崎かにの日帰りツアーの情報のご紹介です。食べ放題やコース料理の内容、おすすめの食べ方などについても掲載しています。ここでしか味わえないカニを、温泉旅館で堪能してみてはいかがでしょうか。普通のかにでは満足できない方、必見です!


楽天のラ・クーポンで「買うクーポン


スポンサードリンク