かに玉の簡単な作り方と忙しい人にもおすすめレシピのご紹介です。




スポンサードリンク


かに玉の簡単な作り方&レシピ

かに玉簡単作り方レシピをご紹介します。

 

かに玉は、子供から大人までみんな大好きな人気の中華料理です。

 

広東風のあんかけかに玉の作り方はクックパッドなど、インターネットの料理レシピサイトなどでも多く紹介されています。

 

作り方は人によって多少違っていて、かに玉にいれる具も人によって違いがあるようですが、どれもそれほど時間のかからない簡単料理として掲載されています。

 

シンプルなかに玉レシピでは、卵とカニ、ネギ、グリーンピースくらいしか使っていません。

 

凝ったものになると、えび・シイタケ・たけのこなども入っています。

 

 

それでは、基本のかに玉の作り方(6人分)をご紹介します。

 

材料は、かに(カニ缶でもかにかまでもOK)180g、ゆでたたけのこ150g、シイタケ100g、長ネギ1本、卵12個です。

 

調味料は、ごま油大さじ1/2、しょうゆ大さじ1/2、塩大さじ1/2、砂糖大さじ1/2、酒大さじ1、こしょう少々です。

 

あんかけのあんの材料は、お湯2カップ、塩小さじ2、砂糖小さじ2、中華スープの素小さじ2、オイスターソース大さじ1、酒大さじ2、こしょう少々、ごま油小さじ1、片栗粉大さじ1を同量の水で溶いておきます。

 

長ネギは斜めに薄切り、シイタケも薄切り、たけのこは千切り、かにはほぐしておきます。

 

フライパンを熱してごま油をいれ、長ネギを炒め香りが出たら、たけのことシイタケを炒めます。

 

しんなりしてきたら、かにと調味料を入れて少し炒めて火を止めます。

 

鍋にあんの材料のごま油と水溶き片栗粉以外を入れて煮立たせ、そこに水溶き片栗粉をよく混ぜながら入れ、最後にごま油を加えて混ぜて火を止めます。

 

 

フライパンを強火にかけ、鍋から煙が上がったら油を入れて鍋に馴染ませ、溶いた卵と具を入れて菜箸でかき混ぜます。

 

下は固まった状態で、上は半熟の状態になったらひっくり返して出来上がり。

 

とても簡単なレシピですから、ぜひ、挑戦してみてください。

スポンサードリンク








かに玉の簡単な作り方&レシピ関連ページ

かに鍋の作り方
かに鍋の簡単な作り方をおぼえて、売っている鍋セットなど利用せずに、オリジナルのレシピで美味しくいただきましょう。基本的にカニ以外には特別なだしなども必要ありませんので、誰でもカンタンにおいしく作れちゃいます。
かにしゃぶ
かにしゃぶの簡単レシピと美味しい食べ方についてご紹介します。新鮮なカニが手に入ったら、ぜひご家庭でカニしゃぶを作ってみてはいかがでしょうか。材料の下ごしらえなどの準備や作り方も簡単ですので、家族で鍋をかこんだり仲間たちとのホームパーティーにもおすすめの一品です!
カニクリームコロッケ
カニクリームコロッケは、子供から大人まで大好きな人気メニューです。作り方が難しいと思っている方も多いと思いますが、誰でもおいしく作れる簡単レシピがありますのでご紹介します。今夜のおかずに、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。
かにみそ料理レシピ
かにみその食べ方は様々ですが、さらにパスタやラーメンなどの料理に使えば濃厚なダシとなり、まろやかなコクが出ます。またちょっと気になるカロリーや、かにミソの缶詰を使ったレシピなどもご紹介していきます。
かにの炊き込みご飯
かにの炊き込みご飯は材料をほぐす手間が大変ですが、すでに蟹肉の剥き身だけになった状態の缶詰を利用すれば、殻をむく必要もありませんのでとても楽ちんです。そんなカニ缶を活用した便利で美味しい炊き込みごはんの簡単レシピをご紹介します。
かにチャーハン
かにチャーハンは材料費や手間も少ないので簡単な節約料理としても人気です。残った冷ご飯があればすぐに作れますので、もし余った冷ご飯があったらカニ炒飯はいかがでしょうか。簡単なレシピと、ちょっとした作り方のコツをおぼえれば、パラパラのチャーハンが出来上がりますよ!
かに味噌の料理
かに味噌はシンプルにそのまま食べるのも美味しいですが、みそが詰まった甲羅に日本酒や調味料を加えて調理したり、カニミソの缶詰を使えば簡単・手軽に調理することもできます。さらに、カニの身をほぐしてからミソを加えてコクと風味を出すなど、おいしい食べ方やお料理レシピをご紹介します。


楽天のラ・クーポンで「買うクーポン


スポンサードリンク