かにの炊き込みご飯を、カニ缶を使って簡単に作れるおすすめレシピのご紹介です。




スポンサードリンク


かにの炊き込みご飯「簡単」レシピ

かに炊き込みご飯は、家庭で作る炊きたてがとても美味しいのですが、いざ作ろうと思っても材料であるカニの身をほぐす手間を考えると、ちょっと引いてしまいますよね。

 

でも、そんなときはカニ缶ならばカニは殻を剥く苦労もなく料理に利用しやすく、さらにお値段も手ごろなので、まさに使い勝手のいいとても便利な食材であるといえます。

 

かにの缶詰を使った簡単レシピの一つとして、カニ缶サラダなどはちょっと豪華に見えますし、味もさすがカニですのでとても美味しいです。

 

また、かにを缶詰から出して、そのままマヨネーズで和えるだけでもちょっとしたおつまみや、サイドメニューに一花添える感じで手軽に利用できます。

 

このように、様々な料理に使えるカニ缶ですが、炊き込みご飯に使用すればさらに作り方も簡単で、美味しくなりますのでおすすめです。

 

以下におすすめのカニ缶を使った、とても簡単なかにの炊き込みご飯レシピをご紹介します。

 

作り方も簡単ですのでぜひ参考にしてみてください。

 

まず、作りやすい分量として、お米は3合用意します。

 

通常通りにお米は洗いますが、水は少し少なめにします。

 

そこに、カニ缶を汁ごと入れて、さらに醤油とお酒、塩を入れます。

 

醤油とお酒はだいたい大さじ1くらいで大丈夫です。

 

ここであまり濃い味にしてしまうと、かにの風味が薄くなってしまいますのでご注意を!

 

あとは、炊飯器をセットして炊きあがるのを待つだけです。

 

炊きあがったら軽く混ぜて、茶碗に盛りつけ、その上に三つ葉などを乗せれば見た目もキレイで、ちょっとした料亭に出てきそうなかにの炊き込みご飯の出来上がりです。

これだけで十分美味しいカニ缶の炊き込みご飯ですが、調味料と一緒に昆布茶があればほんの少し入れてみて下さい。

 

昆布茶がかなりいい仕事をしてくれ、更なるうまみを引き出してくれます。

 

炊きたてがもちろん美味しいですが、冷めてもこの炊き込みご飯は美味しいので、お弁当
等に入れるのもいいと思います。

 

それに、お弁当でカニの炊き込みご飯が入ってると、何となくリッチな気分にもなります。

 

もし、ご自宅にカニ缶がひっそりと残っているようならば、是非とも試していただきたいレシピです。

スポンサードリンク








かにの炊き込みご飯「簡単」レシピ関連ページ

かに玉の簡単レシピ
かに玉は子供から大人まで誰もが大好きな中華料理の定番メニューで、切って焼くだけのスピード料理ですから忙しい方にもおすすめで、作り方もとても簡単ですので基本のレシピをおぼえてぜひ挑戦してください。
かに鍋の作り方
かに鍋の簡単な作り方をおぼえて、売っている鍋セットなど利用せずに、オリジナルのレシピで美味しくいただきましょう。基本的にカニ以外には特別なだしなども必要ありませんので、誰でもカンタンにおいしく作れちゃいます。
かにしゃぶ
かにしゃぶの簡単レシピと美味しい食べ方についてご紹介します。新鮮なカニが手に入ったら、ぜひご家庭でカニしゃぶを作ってみてはいかがでしょうか。材料の下ごしらえなどの準備や作り方も簡単ですので、家族で鍋をかこんだり仲間たちとのホームパーティーにもおすすめの一品です!
カニクリームコロッケ
カニクリームコロッケは、子供から大人まで大好きな人気メニューです。作り方が難しいと思っている方も多いと思いますが、誰でもおいしく作れる簡単レシピがありますのでご紹介します。今夜のおかずに、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。
かにみそ料理レシピ
かにみその食べ方は様々ですが、さらにパスタやラーメンなどの料理に使えば濃厚なダシとなり、まろやかなコクが出ます。またちょっと気になるカロリーや、かにミソの缶詰を使ったレシピなどもご紹介していきます。
かにチャーハン
かにチャーハンは材料費や手間も少ないので簡単な節約料理としても人気です。残った冷ご飯があればすぐに作れますので、もし余った冷ご飯があったらカニ炒飯はいかがでしょうか。簡単なレシピと、ちょっとした作り方のコツをおぼえれば、パラパラのチャーハンが出来上がりますよ!
かに味噌の料理
かに味噌はシンプルにそのまま食べるのも美味しいですが、みそが詰まった甲羅に日本酒や調味料を加えて調理したり、カニミソの缶詰を使えば簡単・手軽に調理することもできます。さらに、カニの身をほぐしてからミソを加えてコクと風味を出すなど、おいしい食べ方やお料理レシピをご紹介します。


楽天のラ・クーポンで「買うクーポン


スポンサードリンク